ご機嫌な日々

B型xB型カップルって相性どうなの!?。。。まさかこんなに長く続くとは(笑)3年間の同棲生活を経て、ついに結婚☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1人で産んで育てていくコトを考えたとき、
やっぱり親には言わなきゃならない、と思った。
東京で、たった1人で子供を育てていくのは困難だろうから、
親には頼らざるを得ないだろうな・・・・って。
その頃はまだ仕事に燃えてた時期だったから、
辞めて田舎に帰ろうとは思わなかった。




お母さんに電話で伝えたら、
「堕ろしなさい。」の一点張りだった。

電話の向こうから、
「産んだら2度と家には入れないって言え!」
というお父さんの声。


当然の反応で、予想もしてたコトだったから、
私も強い意志で“産みたい”って気持ちを伝えなくちゃ・・・
って、覚悟はしていて、
結構がんばったつもりだったんだけどね・・・・

私のダメな所は、他人の意見に影響されやすい所。
すぐに流されてしまう。
流される度に、“私は何がしたいんだろう・・・?”と、
自分が見えなくなって落ち込む。

あの時もそうだった。



結局、赤ちゃんは堕ろした。
たった1つの命も守れなかった。
私の中で、確かに生きていたのに・・・・





手術のために3日間入院した。
最初に行った病院は遠かったので、近所の別の病院にて。
1日目が手術準備のための入院
(3ヶ月以上経過していると、色々と処置がいるらしい)
2日目に手術
3日目は検査(?)のため


手術の日、朝9時に看護婦さんが病室へ迎えにきて、
自分の足で手術室まで歩いた。

手術台を見たとき、足がすくんだ。

全身麻酔だったので、手術中の記憶は無い。
覚えてるのは、先生と一緒に声を出して数字を数えたコト。
(麻酔の効き具合を見るため?)
2までしか数えられなかったと思う。

目が覚めた時には手術は終わっていて、
先生も看護婦さんもいなかった。
キョロキョロしてると、看護婦さんが来て
また自分の足で病室へと戻った。

変な感じだった。
意識はハッキリしているのに、足がフラフラする。

麻酔前の記憶が、目覚めた時にもそのまま残っていて、
起きたときに手術前に数えた数字の続きの「3」を言いそうになった。
痛みも感じないし、
本当は手術してないんじゃないか・・・とすら思えた。

それでも、時間が経つにつれて鈍い痛みを感じ始め、
トイレに行ったときに生理のような出血があるのを見て、
さすがに実感した。

毎日お腹に話しかけてたのに・・・・
名前まで付けてたのに・・・・
私が殺した。


悲しいというより、虚しいって感覚。
胸にポッカリと穴が空く感じって、あんな感じなんだろぅな・・・




私なんか死んじゃえばいいと思った。




1度、本当に死のうと思って、
車飛ばして横浜の海まで行ったよ。

車ごと海に沈んじゃおうかなー、って。

適当に走ってたら、全然知らない埠頭(?)みたいなとこに出ちゃって、
そこからの夜景がすっごいキレイで、
ちょっと前まで自分が暮らしてた所の近くなのに、
こんなキレイな場所知らなかったなぁ・・・とかって、
死のうとしてるのにそんな呑気なコト考えちゃって、
何やってるんだか・・・って、自分に呆れた。


で、色々考えて出た結論。


この罪の重さを一生抱えて生きていくコトが、
私に与えられた罰なんじゃないか。

あの子を忘れないで生きていくコトが、
私ができる精一杯の罪滅ぼしなんじゃないか。







毎年、6月6日には花とケーキと蝋燭を用意する。
その日は、会えないまま消えてしまった私の赤ちゃんの
命日でもあり誕生日でもあるから。


絶対、一生忘れない。


それで、次に産まれてくる子は絶対幸せにするんだ。
スポンサーサイト
テーマ:昔の恋、過去の恋愛 - ジャンル:恋愛
コメント

6/6は毎年お祝いを、かかさずしなければですね。
日記を見て泣きそうになりました。
生みたい時でもその環境、今の環境、その後の環境、家族、色々かかわってきますしね。
本当に何でも知りあえ理解できる信頼できる方と結婚できて何よりです。
その方と、次に生まれる子供とで毎年6/6はケーキを食べたいですね。
つらい事ですけど絶対に忘れちゃいけないことですから。
頑張ってください、大事にしてあげて下さい!
2007/09/14(金) 08:26:29 | URL | カナカナ #-[ 編集]
コメントありがとう
>zeroサン
 ありがとう。
 もう後悔はしたくないですよね・・・


>青空サン
 これは失敗ではなく私の弱さが犯した罪なんです。 
 あの時、2度と同じ過ちは繰り返さないと誓いました。


>とらぼるたサン
 そうですね。
 いつか、新しい命を授かったら、
 たくさんの愛情を注げる母親になりたいな・・・
 

>ariaサン
 うん。私も今みたいに前向きな気持ちになるまでには
 すごく時間かかった。
 いつか、受け止められるようになるといいね・・・
  
2006/10/20(金) 11:26:29 | URL | 梨乃 #-[ 編集]

あたしも同じ気持ちです
だけど未だにあたしは現実を受け止め切れていないかな
人の命は重くてあたしは出来ることならめを瞑ってしまいたいと思ってると思う
2006/10/15(日) 12:19:52 | URL | aria #-[ 編集]

そんな過去があったのね・・・・・・・
新しい命が芽生えた時、その子を二人分愛してあげて^^
2006/10/14(土) 22:53:05 | URL | とらぼるた #-[ 編集]
そう!
自分の失敗を、お腹にいた赤ちゃんの命を
無駄にはしちゃいけないんだよ!
それを活かして、二度と同じ過ちを犯さないように
梨乃さんが幸せにならなくちゃ!!
で、やがて結婚して、生まれてくる赤ちゃんに
その分の愛情を注いであげてください(*^.^*)
2006/10/14(土) 22:10:11 | URL | 青空 #e3pIt0y.[ 編集]

こんにちわ!大変だったね。
俺も昔付き合ってた彼女におろさせちゃった事があったよ。
当時は俺も若くて馬鹿だったからあまり深く考えなかったけど
今は本当に可哀想なことしたと後悔してるよ...
次、生まれてくる子は幸せにしてあげてね☆
2006/10/13(金) 18:09:14 | URL | zero #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://lovelysoul.blog69.fc2.com/tb.php/70-07599142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。