ご機嫌な日々

B型xB型カップルって相性どうなの!?。。。まさかこんなに長く続くとは(笑)3年間の同棲生活を経て、ついに結婚☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜の、小さな産婦人科。
おじいちゃん先生が1人と、看護婦さんが1人だけ。

「妊娠3ヶ月ですね。」

おじいちゃん先生が言った。

エコーの黒い画面の中に、米粒のような白い小さな点が見えた。
それが私の赤ちゃんだった。

涙が溢れてボロボロこぼれたけど、
あの時、自分が何を思ったのかよく覚えていない。
ただ心の中で、赤ちゃんとハルキに繰り返し
“ごめんね”と謝り続けた記憶だけが残ってる。
堕ろすという選択肢しか考えていなかった。


朝いたファミレスの駐車場に戻ったところで、
ハルキから電話がかかってきた。


「話したいコトがある。」


自分でも意外なほど冷静だった。
いつもと違う私の様子に、ハルキも戸惑っているようだった。

簡潔に状況を伝えた。

ハルキは黙ったままタバコに火を点けた。
妊娠してるって言ってるのに、
この場で平気でタバコに火を点ける行動に、
正直少し冷めた。
その程度で冷めるくらい
私の気持ちは軽いものだったんだと気付いて、
ハルキへの想い以上に自分自身に凹んだ。


「どうしたい?」と、ハルキが聞いた。

「堕ろすしかないでしょ?」と、私は答えた。




金は自分が全部出す。
手術の日には付き添う。

ハルキがそう約束してくれた。

避妊しなかっったのには、私にも責任があるし、
むしろ、軽率な行動をとっていた私の方が
責任は重いくらいだと思ったから、
お金は自分でなんとかすると言ったんだけど、
ハルキは納得できないみたいで、自分が出すと言い張った。


自分の体調に無頓着だったせいで、
3ヶ月も妊娠に気付かなかったコトによって、
手術には通常の場合よりもお金もかかるし、
入院もしなければならなかった。

お金はともかく、入院するのはイタイと思った。
仕事を休まなければならなかったから・・・・
幸い当時の直属上司は女性だったので、
伝える決心はすぐについたけど。

病院に行った次の日、
上司をランチに誘って、個室の席で話をした。
彼女は結婚もしていて子供もいる女性だったので、
とても親身に話を聞いてくれた。
私が堕ろすつもりでいると話すと、
「本当にそれでいいの?」と、上司。

「確かに育てるのは大変だけどさ、
 それ以上に得るものも大きいと思うよ?

 昨日聞いたばかりだから、まだ動揺してるんじゃないかな?
 相手の人とも相談して、もっとゆっくり考えた方がいい気がする。
 大事なコトなんだから、結論を急がないでちゃんと考えなよ。」




***************************

今 書いてる「罪」記事は、
現在の私を形成してる1番大事な部分だし、
1番忘れてはいけない部分だと思うので、
記事がどんどん長くなっていく・・・・・・;


ちなみに最後に登場した女上司は、
私が社内で1番尊敬してる人です(。→ω←。)♥
この件でお世話になったって理由もあるけど、
仕事的にもすごいデキル人だし

中身はもちろんイケてるんだけど、
外見もいつもキレイにしててイケてる人なので、
既婚者なのにFANも多い

目指すべきイイオンナだなぁ
スポンサーサイト
テーマ:昔の恋、過去の恋愛 - ジャンル:恋愛
コメント
コメントありがとうございます☆彡
いやいや~w
我が社もヘボ上司はいっぱいですよー?(苦笑)
でも、だからこそナイス上司は際だって素敵に見えるんですよねv-352

お付き合いいただき、どぅもですe-266
いつもありがとう!!!!
2006/10/11(水) 15:13:41 | URL | 梨乃 #-[ 編集]

尊敬できる上司がいて羨ましい~♪
ヘボい上司ばっかだもん( ̄Д ̄;)

梨乃ちゃんの記事、全然付き合うよ~!
でも無理して書かないでね!
2006/10/11(水) 13:20:45 | URL | なな #8XsPXyO.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://lovelysoul.blog69.fc2.com/tb.php/68-6bf9846a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。