FC2ブログ

ご機嫌な日々

B型xB型カップルって相性どうなの!?。。。まさかこんなに長く続くとは(笑)3年間の同棲生活を経て、ついに結婚☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてお店に出た日は、不安と緊張で足が震えた。


お店で着る衣装は、店からの貸し出し。
オープンしたばかりで貸し出し用の衣装が全く無かったので、
「せっかくだから似合うものを買おう。採用祝いだ」と、
店長が買い物に連れて行ってくれた。

真っ赤なドレス。
自分では決して買ったことのない派手な色のドレス。
試着してみても、なんだか自分ではないようでソワソワした。
それでも店長は、
「色が白いから赤が似合うな。それにしよう。」
と言い、私の制服はそのドレスに決まった。


男の人から服を買ってもらったのなんて初めてで、
(店用の衣装だから私の物になるわけではないんだけど・・・)
少しドキドキした。
あの時、店長に対して微かな恋心さえ抱いたなぁ・・・
つくづく惚れっぽい(笑)



当時、会社の仕事が終わるのは18時だった。
新入社員だったから残業もなく、
仕事が終わると真っ直ぐ桜木町へ向かった。

お店のオープンは20時。

19時30分まで時間をつぶして店に行き、
支度を終えて待機席で付回しの黒服に名前を呼ばれるまで待つ。

オープニングスタッフとは言っても、
周りには慣れた感じの女の子がたくさんいた。
自前の服で、手には小さなバッグ。
オープンしたばかりなのに、彼女たちは既に自分の名刺を持っていて、
バッグの中から名刺を取り出して裏に何かを走り書きさせたりと、
開店前から何やら忙しそうだった。

そんな中、私が持っていたのはタバコケースだけ。
お客さんにも、素人だということが一目瞭然だったことだろう。

入店初日に、私は場内指名をもらった。

夜に染まっていない感じが良かったらしい。
キャバクラに来てるくせに、変わった趣味の人もいるもんだよね(笑)



私を指名してくれたそのお客さんは、
40代後半くらいの遊んでる風な人だった。

お酒の作り方は事前に教わってはいたけれど、
極度の緊張のため全ての記憶がぶっ飛んでしまったらしい。
私はお酒すら満足に作れなかった。

それでも、その人はずっとニコニコと見守ってくれていて、
お客さんなのに接客のこととかも色々教えてくれた。
周りの席の女の子を見ながら、
ああいうのは見習った方がいいよ、とか
あれはやらない方がいいなー、とか。

帰り際、
「君は笑顔が素敵だから、笑顔を武器にがんばってね。」
と言ってくれた。


初めてのお客さんがそんな人だったので、
最初に感じていた不安は初日のうちに殆ど消えてしまった。
スポンサーサイト
テーマ:過去を振り返る - ジャンル:恋愛
コメント
コメントありがとぅござぃます☆彡
>ななサン
ありがとうございます☆
でもあたし、緊張しても笑顔っていうか、
緊張すると笑ってしまうクセが・・・(^^;ゞ
このクセのおかげで、結構得するコトも多かったりw


>青空サン
嬉しいi-237
青空さんに来ていただけたら楽しかっただろぅなぁ☆
もっと早くお会いしたかったです・・・
私のお客様は微々たるものでしたi-202
2006/09/09(土) 00:15:48 | URL | 梨乃 #-[ 編集]
もし、
僕がそのお店で笑顔が素敵な梨乃さんの存在を知ってしまったら、
足繁く通ったかもなぁv-410
たくさんのお客さんから店外デートにも誘われたんじゃないですか!?
自分が若かりし頃を思い出しましたv-483
2006/09/08(金) 22:40:10 | URL | 青空 #e3pIt0y.[ 編集]

笑顔って本当に大事だと思うよ!
緊張していても、笑顔だった梨乃ちゃんは偉い!
遊びなれているお客さんも、色んな人を今まで見てきたからこそ
梨乃ちゃんを指名して色々教えてくれたんだろうね!

つーか本職の後にお水・・・・
まさに私と一緒。
まー私の場合はすぐに辞めちゃったけどね( ̄Д ̄;)
2006/09/08(金) 13:18:17 | URL | なな #8XsPXyO.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://lovelysoul.blog69.fc2.com/tb.php/54-58094164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。